ホタルのころ

子どもが小さいころは

この季節、近くの山にホタルを観にいったものです。

今日の新聞に、

関東のゲンジボタルと関西のゲンジボタルでは、光る間隔が違うと書いてありました。

関東は4秒に一回!

関西は2秒に一回!(いらち?せっかち?)

らしい。

知らなかった!

そう言えば、

ホタルと言えば初夏の風物詩なのに、

卒業式で歌う“蛍の光”は

ホ〜タ〜ルのひ〜か〜り〜

ま〜ど〜のゆ〜き〜

と、なんで?雪⁇

と不思議だったのですが、

中国の故事にある

夏の夜はホタルの光を集めて勉強し、

冬の夜は雪あかりをたよりに勉強した

という貧しいけれど勉強に励んだひとの事を歌ってるんだそうです。

みなさん、ご存知でした?

知らなかったついでに、

福岡ハカセの本によると

ホタルが光るのは

ルシフェリンという発光物質を燃焼させるからなんだそうですが、

由来はルシファーというラテン語で

照明の明るさの単位ルクスも

ルシファーの派生語なんだそうですよ。

別に知らなくてもどうってことないけど、

へえー‼︎って思うことも大切な気がします。


d0240659_20394777.jpg


こちらホタルとは関係ないですが

ずーっと気になってる学校の前にある看板。

たたみ新聞!

いわゆる業界新聞?

そんなに畳だけで記事が書けるのか疑問なのですが

畳もインテリアの素材の一つだから、

ぜひ読んでみたいものです。
[PR]
by feelslikehome | 2014-06-24 20:07


インテリアコーディネーターのくらし・しごと


by feelslikehome

プロフィールを見る
画像一覧